チェンジリング

脚本はJ.M.ストラジンスキー。 あの?スパイダーマンのシリーズを一時担っていた? へー。近作は「ワールド・ウォー・Z」の脚本だそうだけど。 ..芯のブレない重厚な雰囲気の映画作りと、人間についての透徹した視点。それと、古典的な正義感(とそれに拮抗するひとの姿)。 この辺りがイーストウッド映画のキモ、でしょうか?  正義、ということについて改めていろいろと考えさせられました。 正義というものをただ... Read More

12人の怒れる男

1957年に公開されたサスペンス映画です。もとはドラマとして放映され、その人気を受け制作されたそうです。 白黒映像の古い映画ですが、そんなことは全く気にならない面白さです! なんとこの映画、96分という内容のほぼ全てが1つの部屋の中で動いていきます。しかし退屈する暇はありません。 ただ偶然選ばれた12人の陪審員が、ある事件についての真相に迫っていくというストーリーですが、この映画の面白いところはそ... Read More

オーガストウォーズ

異色の”ロボット”もの映画という触れ込みで、観たのに(笑) そんな展開/映画だったのですね。 それで観たこと自体に後悔を感じさせない、そんな映画です。 実像は超硬派のロシアン戦争映画。アメリカ映画とは埃っぽさが違う。やっぱ。そして何もかもが重たく、固い。そんな感じ。 結局..地理が違えば文化も戦争観も違うんだよね。当たり前なのだけど、 そんなことを考えさせる。地続きの大陸に住み、そこで領土問題を扱... Read More