グーニーズを久々に鑑賞して

とても懐かしい映画をレンタルしてきました。なんか無性に観たくなったとかで。作品のタイトルはスピルバーグ作グーニ […]

とても懐かしい映画をレンタルしてきました。なんか無性に観たくなったとかで。作品のタイトルはスピルバーグ作グーニーズ。この作品は私が小学生の頃に夢中になった映画で、観てファンだった方も多いと思われます。当時私も大好きで、繰り返し見た記憶があります。内容も未だに結構覚えていました。

ソファで夫が観ている横で、私はスマホをいじりながらチラチラと映画を観ていたのですが、今観ても本当に面白い!物語のはじめの方で、もう既にスマホそっちのけで、グーニーズを夢中になって観ていました。

グーニーズは少年達のグループ名。グーニーズと名乗る少年グループが家の屋根裏で宝の地図を発見し、昔の海賊が残した財宝を探しに冒険に出るストーリーです。同じく海賊の財宝を狙う悪党一家も登場し、グーニーズを追っかけてきます。悪党一家をかわしながらグーニーズは財宝探しをするのですが、その展開にハラハラドキドキ。ここではネタバレはしませんが、映画の終わり方も安堵とスッキリ!と感動。

もう宝探しという設定だけで、大人でもワクワクします。この映画を観た方は、自分でも宝探しの冒険に出たくなったのではないでしょうか?私もそのひとりです。本当に夢いっぱいのストーリーです。

海賊の残した様々な仕掛けのある洞窟や、最後に登場する海賊船。当時は今と違ってCGの技術なんてないのに、本当によく出来た映画です。この時代の映画はストーリーに深みがあって、何年経っても心に残る作品が多いように思われます。作品の登場人物一人ひとりのキャラが魅力的で、演技もとっても上手。

今の子はCGの派手な映画に慣れているかもしれませんが、この様な映画も味わい深くて良いですよ。今観てもストーリーなんて全然見劣りしません(むしろ良いくらい)。今度小学生の姪にも勧めてみようと思います。