ゾンビランド

ゾンビランドはB級映画の中でも多くの人の支持を集めるゾンビもので、コメディー色の強い映画です。 他のゾンビもの […]

ゾンビランドはB級映画の中でも多くの人の支持を集めるゾンビもので、コメディー色の強い映画です。
他のゾンビものと違うところは、ゾンビの恐怖というよりも、コメディーターンの可笑しさと、人間ドラマの方に重きを置いたストーリーだというところでしょう。

話は引きこもりがちで冴えない少年が、ゾンビウィルスの感染にも乗り遅れてしまうところから、はじまります。この映画に出てくるゾンビは、とにかく走る!!!躍動感がすごく、恐ろしいと言うよりも笑えるんです。

小心者故にひねくれた振りをして、強がっている感じの主人公ならではの、街にはびこっているゾンビの分析が最初のうちに出てくるのですが、それもまた面白く、いろいろと対処法を知っているにも関わらず、結論は、”とにかく外に出ないこと”。

そんな慎重な主人公の部屋に突然あるはずもないノックが。相手は、これまたあるはずもなかった同じアパートに住む憧れの女の子。帰り道にいきなり襲われ動揺して助けを求めてきた憧れの女子をついつい部屋にまねき入れてしまう。すると、当然、その女の子は、ゾンビ化してしまい・・・・・・主人公は安全な部屋から出るはめになってしまうのです。主演は『ソーシャル・ネットワーク』で一躍有名になったジェシー・アイゼンバーグ。

共演には、『リトルミスサンシャイン』のアビゲイル・ブレスリンと豪華キャスト。
ゾンビものなのに、何故か笑えて癒され、泣ける。何度でも観たくなるような

隠れた名作です。